エアデック mini

  • エアデックminiツイッター
  • エアデックmini facebook
  • 友だち追加

猫の乳腺腫瘍に対する臨床研究へのご協力のお願い

現在、弊社では猫の乳腺腫瘍における化学療法プロトコルの確立を目指しており、猫の乳腺腫瘍の研究用検体をご提供いただける病院様を募集いたします。
抗がん剤感受性検査をご依頼される方で、下記の検体をお送りいただいた先着10名様が対象になります。

・猫の乳腺腫瘍(疑い含む)部位および正常乳腺部位の組織検体(いずれも培養用保存液に入れてお送りください)
・血清500μl

ご提供いただいた検体について、病理組織検査の料金を無料とさせていただきます。
組織検査に供する検体に関してはホルマリン溶液に入れてご送付をお願いいたします。

本研究の目的

猫の乳腺腫瘍において確立された薬剤プロトコルは現段階ではあまりないとされています。 この臨床研究を行っていく事で、これまでに使用されてきた抗がん剤含めその他分子標的薬など、猫の乳腺腫瘍において有効に利用できる抗がん剤を模索する事ができます。
さらに、今回ご提供いただいた検体を用いて正常組織と乳腺腫瘍組織、血清サンプルの解析を行い、 特異的に発現している遺伝子の同定など早期診断や進行度の把握につながるシステムの確立を目指していきます。

にゃんこ1

ご協力いただくにあたって

・ご協力いただける病院様は必ず事前に弊社までメール(mini@airdec.jp)や検査予約フォーム、または電話(042-707-7674)にてご連絡をお願いいたします。抗がん剤感受性検査用保存液をお持ちでない場合は弊社からお送りいたします。

・対象となるのは記載のある検体を全てお送りいただいた場合となります。

・検体を研究に使用させていただくにあたって、飼い主様向けの同意書のご記入をお願いいたします。

・抗がん剤感受性検査(基本2剤)が検査不能の場合は、料金を無料とさせていただきます。

にゃんこ2