エアデック mini

  • エアデックminiツイッター
  • エアデックmini facebook
  • 友だち追加

抗がん剤感受性検査について

抗がん剤治療の現在

犬猫の死因は第1位が「がん」とされており、約半数が罹患してしまう現状があります。
がん治療においては現在、外科療法や化学療法、放射線療法など様々な治療法がありますが、 その中でも「化学療法(抗がん剤治療)」については全てのワンちゃん・猫ちゃんが同じ治療効果を得られるわけではありません。
薬がよく効いて完治に至る子もいれば、利きが悪く副作用ばかり出てしまったり、最悪の場合は亡くなってしまったりする子もいます。
治療前にどの薬が効くのかを調べることは現在の技術では難しいとされてきました。

抗がん剤感受性の差

抗がん剤感受性検査とは?

そこで私たちが開発したのが3次元培養(オルガノイド培養)技術を利用した 「抗がん剤感受性検査」です。

3次元培養技術とは

従来の検査では、がんの組織を全部あるいは部分的に切除し、摘出組織から検査会社で診断を下します。 そしてその診断をもとに動物病院にて治療が始まる、というのが一般的な抗がん剤治療の流れになります。
しかし前述のように抗がん剤が効くか効かないかは個体差・感受性の差があるため、治療効果は薬剤の使用後に判明します。 すると抗がん剤を使ったとしても副作用ばかり出てしまう、逆に体調がより悪くなってしまうといったデメリットがありました。

そこで弊社では、東京農工大薬理学研究室で開発された動物のがんに最適化した3次元培養技術(特許出願中)によって 治療対象のがん細胞を効率的に培養し、その培養細胞(オルガノイド細胞)を用いて抗がん剤の感受性を評価する、という検査方法を行います。
この検査によって、実際のがんに対する抗がん剤の効果を治療前に評価することができます。 効果が見込まれる場合にはその評価を参考に抗がん剤をご利用いただき、効果があまり見込まれないとわかった場合は別の治療を視野に入れたり、 別の種類の抗がん剤に切り替えてみたりというような、患者さんそれぞれに適した"オーダーメイドの"がん治療を行うことができるのです。

オルガノイド写真
抗がん剤感受性検査の流れ

抗がん剤感受性検査の利用例

実際にこの抗がん剤感受性検査を利用された臨床の先生からも
「結果に基づく治療でがんがほぼ消失した」「判断材料になり実際に治療につなげやすくなった」
というように高評価を頂いております。

臨床での評価
治療効果
耐性獲得例


下記に弊社の検査を利用していただいた症例のいくつかをご紹介しておりますので、ご参照いただければ幸いです。
症例レポート

今後の展望

現在、本邦の獣医療コマーシャルラボにて3次元培養法を用いた抗がん剤感受性検査を行っている会社は未だにありません。
そのため現状のサービス提供の他、がんの種類や薬剤の種類を拡充しつつ感受性検査を獣医療でのスタンダードにすることを目標に研究開発も進めてまいります。
またここでご紹介した3次元培養法の他に、弊社が独自に開発した細胞培養法(論文はこちら)を用いて上皮性腫瘍以外の検査に関しても対応できるよう研究中です。

現在の感受性検査の対象となる腫瘍、抗がん剤の種類に関してはこちらをご参照ください。