エアデック mini

  • 送付方法
  • 検査予約
  • お問い合わせ

抗がん剤感受性検査の利用例

症例38(犬、11歳、去勢オス)

病歴:
全身の脱毛と体表の結節、リンパ節の腫れが見られ、他社の病理組織検査の結果リンパ腫と診断されたため、リンパ節を生検して抗がん剤感受性検査を行った。

感受性検査結果:
培養した細胞ではカルボプラチンで95%ほどの抑制効果が認められ、L-アスパラギナーゼ、ニムスチン処置に対しても80 %ほどの抑制効果が認められた。 メルファラン、シクロフォスファミド処置に対しては68-75%ほどの抑制効果が認められた。

症例38抗がん剤感受性結果
症例38培養写真

培養後の細胞観察像: 腫瘍細胞の存在を確認

治療:
プレドニゾロン(2 mg/kg)、L-アスパラギナーゼ(400 IU/kg)を投与。その後L-アスパラギナーゼを三週ごとに三回投与した。

症例39(猫、8歳、避妊メス)

病歴:
乳腺がん疑いの組織を摘出し、病理組織検査の結果、乳腺がんと診断されたため、抗がん剤感受性検査を行った。

感受性検査結果:
培養した細胞ではトセラニブ、ラパチニブで90%ほどの抑制効果が認められ、ゲムシタビン処置に対しても80%ほどの抑制効果が認められた。 タモキシフェン処置に対しては70%ほどの抑制効果が認められた。 ミトキサントロン、カルボプラチン、ビンブラスチン処置に対しては60%ほどの抑制効果が認められた。

症例39抗がん剤感受性結果
症例39培養写真

培養後の細胞観察像: 腫瘍細胞の存在を確認

治療:
術後にドキソルビシン5mg/m2 を1回投与後、トセラニブの隔日投与を四ヶ月行った。

予後:
投薬頻度を減らし、現在(治療開始六ヶ月後)は週1回の投与を行っているが、肺やリンパ節への転移は認められていない。