エアデック mini

  • 送付方法
  • 検査予約
  • お問い合わせ

抗がん剤感受性検査の利用例

症例18(犬、12歳、避妊メス)

病歴:
肺と気管支リンパ節のmassを摘出し、肺massの感受性検査を実施。他施設での組織検査では組織球肉腫と確認された。

感受性検査結果:
カルボプラチン処置に対して90%ほどの抑制効果が認められた。ダカルバジン、クロラムブシル、ロムスチン処置に対しても60-70%ほどの抑制効果が認められた。
その他の薬剤に対しては抵抗性を示す結果となった。

症例18抗がん剤感受性結果
症例18オルガノイド写真

培養後の細胞観察像: 増殖細胞の存在を確認

治療:
放射線療法と併用してロムスチン(55 mg/ m2)投与を行った。

予後:
血小板減少が見られたものの、治療開始後4カ月現在の状態は安定している。

症例19(犬、5歳、避妊メス)

病歴:
他施設において骨肉腫とは組織像が異なる未分化肉腫と診断されたため左前肢の断脚を行い、弊社にて感受性検査を実施した。

感受性検査結果:
カルボプラチン、トセラニブ、ドセタキセル処置で85%ほどの抑制効果が認められ、ミトキサントロン、ドキソルビシン処置に対しても60-70 %ほどの抑制効果が認められた。プロプラノロール併用処置では単独処置と同程度の抑制効果が認められた。
その他の薬剤に対しては抵抗性を示す結果となった。

症例19抗がん剤感受性結果
症例19オルガノイド写真

培養後の細胞観察像: 増殖細胞の存在を確認

治療:
術後化学療法としてカルボプラチン(200 mg/ m2)を投与を行った。

予後:
断脚後、4カ月で再発・転移はみられず状態は安定している。