エアデック mini

  • 送付方法
  • 検査予約
  • お問い合わせ

抗がん剤感受性検査の利用例

症例26(猫、8歳)

病歴:
回盲部腸管膜リンパ節の腫大及び大網への腫瘍の転移および癒着が認められ、大網の一部を採材して病理組織検査を実施した。
病理組織検査の結果、悪性リンパ腫(NCI-WF分類;中間グレード以上、臨床的ステージ2以上)と診断されたため、抗がん剤感受性スクリーニング検査を行った。

感受性検査結果:
培養した細胞ではカルボプラチン処置に対して80 %ほどの抑制効果が認められた。シクロホスファミド処置では60 %ほどの抑制効果が認められた。その他の薬剤に対しては抵抗性を示した。

症例26抗がん剤感受性結果
症例26オルガノイド写真

培養後の細胞観察像: 増殖細胞の存在を確認

治療:
検査結果が出るまでの間、L-アスパラギナーゼとプレドニゾロン 1mg/Kg/SIDの投与を行い、その後カルボプラチン 200 mg/m2及びプレドニゾロン 1mg/kg/SIDの投薬を行った。

予後:
抗がん剤投与中の転移は認められず、超音波検査で腸間膜リンパ節の縮小が認められた。3回目のカルボプラチンの投薬した数日後に、食欲の低下・嘔吐が認められたことから対症療法を実施するもあまり回復せず治療を中止し、自宅での療養を行っている。